イントロアニメ

凸と凹とは

凸と凹(でことぼこ)は、地域の「穴(凹)」をみんなで「埋める(凸)」、“志金”循環の新たな仕組みです。
社会課題という地域の「穴(凹)」を見つけた事業者が、全国各地で「お金の地産地消」をデザインするめぐるとともに策定した「社会を変える」計画(※)等を紹介しています。
※詳細は【NPO等の方へ】をご参照ください。

本サイトの登録先は、情報発信や交流する場づくりを大切にしながら、みんなで「埋める(凸)」仲間を募集しています。登録先の志を紹介している『凸と凹マガジン』もご参照いただき、各登録先への参加をご検討ください。

『凸と凹マガジン』

凸と凹には2つのプログラムがあります。

マンスリーサポートプログラム

~日常の、地域の「穴(凹)」を、みんなで「埋める(凸)」。~

「社会を変える」計画を継続して応援するプログラムです。各計画への“志金”は、金額の10%(システム利用料及び決済手数料相当額)を控除した上で、全額を登録先にお渡しします。

「社会を変える」には“戦略”と“時間”と“対話”が必要だと、めぐるは考えています。

「社会を変える」に必要な
“ 戦略 ”

戦略

「社会を変える」は思いつきで実現できません。社会を本当に変えられる、したたかで、しなやかな戦略が必要です。本プログラムの登録先は、めぐるとともにその準備に取り組んできました。

「社会を変える」に必要な
“ 時間 ”

時間

「社会を変える」計画ができても、実際に「社会を変える」には時間がかかります。金額の大小よりも参加者数を大切に、応援し続ける仕組みが本プログラムです。

「社会を変える」に必要な
“ 対話 ”

対話

継続して応援いただくためには、応援いただいている方たちとの継続的な対話が不可欠です。本プログラムの登録先は「活動報告」を定期的に更新し、参加者と交流するイベント等も随時開催しています。

「社会を変える」計画マップ

災害支援プログラム

~非日常の、地域の「穴(凹)」を、みんなで「埋める(凸)」。~

災害時のスペシャルニーズ(※)等に応える取り組みを応援するプログラムです。募集期間は発災後1か月間です。各プロジェクトへの“志金”は、金額の10%(システム手数料及び決済手数料相当額)を控除した上で、全額を登録先にお渡しします。
※外国人や障がい者、医療対象者など、災害時に特に支援や配慮が必要な人が求めること

登録先

  • peace winds japan

規約

(1)登録先は「プロジェクト」の掲載期間中、本プログラム上で定期的に「活動報告」を更新します。参加者はこの報告を通して、“志金”のつかいみちとともに被災地がどのような状況にあるのかを把握することができます。

(2)本プログラムへの登録を希望する団体には、公益コミュニティサイト「CANPAN」 に団体登録し、情報開示レベル★5つ(※)を取得することをお願いしています。登録の可否は、「CANPANで開示されている情報」「インターネットなどで公開されている情報」などをめぐるとアドバイザーで確認の上、決定しています。今後、登録先が追加された場合は、本ページ上で随時更新します。
※情報開示レベル★5つの保持は登録後の活動期間中もお願いしています。

【「災害支援プログラム」アドバイザー 】
□石原達也さん(NPO法人岡山NPOセンター 代表理事)
□篠崎研一さん(第一勧業信用組合 連携企画部長)
□藤沢烈さん(一般社団法人RCF 代表理事)

(3)災害に対する支援活動という性質上、本プログラムは状況が刻一刻と変化することが予想されるプログラムです。登録先の「プロジェクト」や「活動報告」をよくご確認いただいた上でご参加をお願いします。

「寄付型」における税制優遇措置について

●「個人」の場合

【「所得税」の寄付金控除】

個人からの寄付額が2,000円を超える場合には、確定申告の際に所得税の税制優遇(寄付金控除)を受けられる場合があります。詳しくは税務署等にお問い合わせください。

【「住民税」の寄付金控除】

お住まいの都道府県や市区町村が各条例で指定した寄付金につきましては、住民税の軽減措置(寄付金控除)を受けられる場合があります。詳しくはお住まいの都道府県または市区町村にお問い合わせください。

●「法人」の場合

法人からの寄付金につきましては、法人税法の定めに従って一定の範囲で損金に算入できる場合があります。詳しくは税務署等にお問い合わせください。