NPO等の方ヘ

こんな困りごとを抱えていませんか?

  • 認定NPO法人だが、「3,000円×100人」を毎年クリアするのが大変だ…
  • 新規事業の立ち上げ資金はクラウドファンディングでなんとか調達したが、その後の運営資金の捻出に苦しんでいる…
  • 収入の多くを補助・助成や受託収入に依存していて、毎年スタッフを雇用し続けられるか不安だ…
  • 収入源を多様化するためにも、地域の個人・法人が参加できる会費・寄付のメニューを整えたいが、何から始めたらよいかわからない…
  • 組織や事業に関わる人は増えてきたが、その人的資源を資金調達にうまくつなげられていない…
  • 地域金融機関に融資を相談しているが、過去の実績ばかりを問われ、なかなか共感してもらえない…
  • これまで取り組んできた事業の制度化を議員や行政に働きかけているが、理解が進まず、説得力が足りないと感じている…
  • 中心メンバーが年齢を重ね、世代交代や人財育成が急務だが、日々の業務に追われ、優先順位が上がらない…

凸と凹の「マンスリーサポートプログラム」は、
上記のような困りごとを解決する“志金”循環の仕組みです。

※「災害支援プログラム」への登録を希望される方は別途お問い合わせください。

NPOやソーシャルビジネスの“志金”源には、「(1)会費・寄付」「(2)事業収入」「(3)補助・助成」「(4)受託収入」の4つがあります。しかし、受益者負担の「(2)事業収入」を増やしていくのは容易ではなく、税収でまかなわれている「(3)補助・助成」「(4)受託収入」が今後増えることは想像できません。地域課題の解決に挑み続けるためには、「(1)会費・寄付」の割合を増やしていく必要があります。

凸と凹を運営するめぐるの役割のひとつは、「(2)事業収入」や「(4)受託収入」で事業を育んできたNPOなどの事業者が、次の事業を「(1)会費・寄付」で育むための戦略を構築することです。 そのために、めぐるのコンサルティングを通して「社会を変える」計画と“志金”調達計画を策定し、継続支援者を募る「マンスリーサポートプログラム」を提供しています。

「社会を変える」計画をつくる10のポイント

  • (1)
    【ビジョン・ミッション】は何ですか?
  • (2)
    誰が困っていますか?
  • (3)
    何に困っていますか?
  • (4)
    なぜ困っていますか?【変化の法則】
  • (5)
    自団体の「強み」「弱み」、外部環境の「機会」「脅威」は何ですか?
  • (6)
    解決に取り組む先行事例には何がありますか?
  • (7)
    誰と解決に挑む必要がありますか?【相関図】
  • (8)
    「1年後」「5年後」に何をどこまで変えていますか?【ロジックモデル】
  • (9)
    来年度は何に挑みますか?(アクション)
  • (10)
    そのアクションにはいくらかかりますか? そのお金をどう調達しますか?

「伴走型」コンサルティングのスケジュール(原則は半年間)

基本は月1回&2~3時間の対面ミーティング
(各回宿題あり/必要に応じてオンライン会議も実施)

事前課題:「社会を変える」計画シート

「研修型」コンサルティングのスケジュール(原則は3か月間)

基本は月1回&2日連続(1日5時間程度)の研修
(各回宿題あり/4団体まで対応可)

事前課題:「社会を変える」計画シート

支援者には、地域課題の解決に参加してもらう手段として、「会費・寄付」という商品を“買ってもらう”必要があります。会費や寄付というと、「お願いするもの」「されるもの」というイメージがありますが、私たちが日々生活するなかで、「買ってください」とお願いされて商品を買うことはまずありません。お願いごとは長続きしません。関係性は対等だからこそ、続いていくと思うのです。そのために、地域課題を伝え、解決策を示し、参加を呼びかける。このプロセスにめぐるは伴走しています。

登録先限定の集合研修で講師を務める
「マンスリーサポートプログラム」アドバイザーと、
想定する研修テーマ

プログラム登録後のフォローアップとして、研修を2か月に1回開催
(講師は各回1名)

  • □相澤順也さん(株式会社ファンドレックス 執行役員):データベース活用
  • □会沢裕貴さん(認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン 国内事業部 業務調整員 兼 レスキュー隊員):住民組織化
  • □青木将幸さん(青木将幸ファシリテーター事務所 代表):場づくり
  • □蒲勇介さん(NPO法人ORGAN 理事長):情報発信
  • □鴨崎貴泰さん(認定NPO法人日本ファンドレイジング協会 常務理事・事務局長):成果評価
  • □公原寿彦さん(社会福祉法人愛媛県共同募金会 事務局長):マーケティング
  • □久津摩和弘さん(一般社団法人日本地域福祉ファンドレイジングネットワークCOMMNET 理事長):資金調達(法人)
  • □五井渕利明さん(NPO法人CRファクトリー 副理事長・事業部長):コミュニティ運営
  • □高野達成さん(英治出版株式会社 取締役・編集長):企画編集
  • □藤村隆さん(NPO法人ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京 代表理事):問題構造分析
  • □水谷衣里さん(株式会社風とつばさ 代表取締役):調査研究
  • □山元圭太さん(合同会社喜代七 代表):資金調達(個人)

協働先の声

NPO法人ORGAN様
NPO法人ORGAN様

一番大きかったのは『変化の法則』が整理できたこと。あらゆるステークホルダーに「なるほど」と言ってもらえました。また、『相関図』を作成することでみんなで取り組む必要性を共有でき、いままでなし得なかった新たな協同組合の設立にもつながりました。経営者としてのメンタルが安定したことも好影響でした。

社会福祉法人いぶき福祉会様
社会福祉法人いぶき福祉会様

自分たちだけではできなかった、法人内における今までの価値観の転換を図る機会になりました。社会の側から俯瞰的に見たアドバイスをもらえることがありがたいです。数字で表現しづらい価値のとらえ方など、非営利組織の独特な部分を共有できることがめぐるの強みだと思います。

弁護士法人東京パブリック法律事務所様
弁護士法人東京パブリック法律事務所様

ファンドレイジングの学びだけでなく、コンセプトづくりやチームビルディングなど、多義にわたって活用できました。どう合意形成して、外の人に伝えていくのかを考えるプロセスに伴走していただけたと思っています。

コンサルティングの料金プラン

契約期間や協働先数により、料金は異なります。お見積もりの依頼や詳しいご相談はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ