【地域金融に携わる方限定】組織課題解決ワークショップ@オンライン・第4回


【レポート】組織課題解決ワークショップ@オンライン・第4回を開催しました

2021年07月13日
めぐるの木村です。

2021年から奇数月に開催している「組織課題解決ワークショップ@オンライン」の第4回には、地域金融に携わる7名のみなさまにご参加いただきました。参加者の主な属性は以下の通りでした。
・居住地:東京都、山梨県、愛知県、岐阜県、福岡県
・所属:地方銀行、第二地方銀行、労働金庫、その他等

ゲストのNPO法人ORGAN事務局長の熊田さんから、簡単な自己紹介と今回相談したいORGANの状況をお話いただきました。

3~4人1組のグループで熊田さんのお話に対する感想や質問を共有いただくと、「熊田事務局長を育てる、が今回のテーマだけれど、実際には何が足りないと感じているの?」「コミュニケーションの課題もあるように感じるけれど、普段はどんなツールを使っているの?」「相談したいことは相談できているの?」「ミーティング等はどれくらいの頻度で行っているの?」といった質問が寄せられました。

質疑応答では、「小さな組織だからこそ、丁寧なコミュニケーションを意識することが大切ではないか」「オフラインのコミュニケーションが難しければ、オンラインのコミュニケーションでもよいのではないか」「ある会社で、代表と社員が交換ノートを始めたらうまくいった事例があった。ローテクでもよいので、何らかのコミュニケーションツールを一つ持てるとよいのでは」など、参加者のみなさんからいくつかの提案もありました。

その後、再び小グループでどうしたら組織課題を解決できるかを話し合っていただきました。個人ワークでアドバイスを書いていただくと「仲間それぞれの思いを伝え合う時間をつくるのはどうでしょうか」「まとまった対話の時間を確保し、立場の異なる第三者を交えた問いかけと探求をしていくことで、一歩一歩前に進めていく機会を継続的にもてたらよいですね」といったご提案をいただきました。

熊田さんからは「週明け月曜日にまずは自分からコミュニケーションを取って、どう育ってほしいと思っているのかを確認するところから始めたい」との感想をいただきました。

参加者のみなさんに最後にとったアンケートでは、「いろいろと出ていたアドバイスは自分の職場などでも生かせる話だなと思いました」「個人の抱える悩みや課題から、法人全体の課題や解決策を抽出していく過程がおもしろかったです」などの感想をいただきました。

次回は2021年9月15日(水)に、東京都内で学童保育を行っているNPO法人Chance For All副代表理事の藤場さんをゲストに開催します。当日相談したい組織課題は「卒業生や保護者との関係づくり」を予定しています。

ソーシャルビジネス支援に関心のある、地域金融に携わるみなさまのご参加をお待ちしています。
https://deco-boco.jp/projects/view/25

現在の支援金額 8,000 円

支援者 8人

残り時間 終了

このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、支援者がプロジェクトに支援を申し込んだ時点でプロジェクトの成立(売買契約の成立)となります。


1,000 円

8 人

配送方法:メール

●『お金の地産地消白書2020』を持っている方
(1) 「組織課題解決ワークショップ@オンライン」参加者限定のFacebookグループページへのご招待

2,000 円

0 人

配送方法:郵送

●『お金の地産地消白書2020』を持っていない方
(1) 「組織課題解決ワークショップ@オンライン」参加者限定のFacebookグループページへのご招待
(2)『お金の地産地消白書2020』1冊