長良川流域文化を未来につなげるプロジェクト


年次報告書2019完成しました!&ORGAN長良川サポーター(マンスリーサポーター)100人募集キャンペーン開始します!

2020年09月19日
NPO法人ORGANの年次報告書2019が完成しました。
設立以来、このような年次報告書作成は初めての試みになります。写真は表紙になりますが、表紙以外にも2019年度に起こったことをお伝えできるツールです。
ORGANの事業は多岐に渡っており、どんな事業を行っているかよくわからないという点は、よく耳にします。
岐阜和傘の小売店舗経営、長良川おんぱくの事務局運営は、ORGANの一部の顔です。足元の本物の価値を発掘、磨き上げ、商品にしながら、地域経済圏を形成する。これが、ORGANが目指し、訴え、表現し続けていることです。
長く、我々の活動が続くよう皆さんの力が必要です。この第一弾が長良川サポーター100人キャンペーンです。

ORGAN長良川サポーターのみなさまのご支援で実現をめざすこと
▼2020年度末までに
・“行政”を変える:流域自治体に提言できるようになっている
・“担い手”を変える:流域文化の担い手が次世代の育成にやる気になっている
・“メディア”を変える:流域課題のメディア掲載20件
▼2024年度末までに
・小規模分野(網、川船、和製本、郡上竿、手漉き和紙道具)などでの継承事例が生まれ、育成が始まっている
・主要な長良川流域産業(内水面漁業/岐阜和傘産業など)が持続可能なサイクルで回っている
▼2029年度末までに
・長良川ならではの生業文化が継続できる環境がある
・安定した後継者育成の仕組みが各分野にある

これらを実現するために、今年度は以下の3つの活動に取り組みます。
●活動(1) :ORGANのアプローチに共感してくださるプロボノメンバーとともに、『長良川流域文化レッドデータブック』の調査、編集、発行を行います。
●活動(2) :岐阜和傘の産業再生支援を継続します。
●活動(3) :新分野の産業再生支援に1つ取り組みます。

中でも、長良川流域文化レッドデータブック作成は、今後のORGANの活動を行う上で、切り札となる製作物です。
皆さんの力を、よろしくお願いします。
申込の方法は、凸と凹のORGANページより、進んでください。

支援者 117人

このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、支援者がプロジェクトに支援を申し込んだ時点でプロジェクトの成立(売買契約の成立)となります。またこのプロジェクトは月額課金型になります。


300 円 /月

配送方法:郵送

(1) NPO法人ORGAN年次報告書
※JCBのクレジットカードのみ利用できません(2021年10月現在)

500 円 /月

配送方法:郵送

(1) NPO法人ORGAN年次報告書
(2) 長良川流域文化レッドデータブック2020
※JCBのクレジットカードのみ利用できません(2021年10月現在)

1,000 円 /月

配送方法:郵送

(1) NPO法人ORGAN年次報告書
(2) 長良川流域文化レッドデータブック2020
(3) 長良川流域の木地師・大村裕茂氏の「きのこまストラップ」(年1回)
※JCBのクレジットカードのみ利用できません(2021年10月現在)

2,000 円 /月

配送方法:郵送

(1) NPO法人ORGAN年次報告書
(2) 長良川流域文化レッドデータブック2020
(3) 長良川デパートギフトセット(年1回)
※JCBのクレジットカードのみ利用できません(2021年10月現在)

10,000 円 /月

配送方法:郵送

(1) NPO法人ORGAN年次報告書
(2) 長良川流域文化レッドデータブック2020
(3) 伝統工芸「水うちわ」大小1本づつ(家田紙工製/年1回)
※JCBのクレジットカードのみ利用できません(2021年10月現在)

20,000 円 /月

配送方法:郵送

(1) NPO法人ORGAN年次報告書
(2) 長良川流域文化レッドデータブック2020
(3) 伝統工芸岐阜和傘(マルト藤沢商店製/年1回)
※JCBのクレジットカードのみ利用できません(2021年10月現在)